FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートカクテル2006 IN笠間 

現代美術の展覧会のチラシを手にしました。
下3分の1が田舎の風景写真、中間から上が青色で、展覧会の名前と出品作家の名前の羅列。正直、見逃しそうな地味なチラシ…。

ただ、一番上のキャッチフレーズに笑いました。

現代美術は あなたの人生ほど 難解ではない


現代美術って、そんなに「難解」なんでしょうか??疑問!

今が「難解」なのか?昔の「芸術」も難解だったかもしれないけれども、現代のように、ここまで口に出したり、自由に表現できなかったのでは…。アカデミックとライフ…。アートが全てを理解できるとはずうずうしいのでは…。いろんな思いつきが沸くフレーズでした。(どんどん意地悪になってしまう…)

(後日1センテンス削除…)

「人生=人として生きること」は明確。ただ、人生をとりまく状況は人生を難解に痛感させるのかもしれません。
けれども、戦争に巻きこまれたり、貧苦に苦しまずに生きている今の自分にとって、難解や理解のレベル、不条理のレベルがどの程度なのか、分からなくなってきます…。難解って、分からない、めんどう、とりあえず…の代替語のように思えるのですが、どうなんでしょう?
現代美術が、人生よりは「難解」であってたまるものですか~、と感じます。現代美術はそれぞれの「難解」さから導いた作家の答えや問いやもがきを表してるのでは??
なんだか勝手に決めないでほしいことだという気分になりました。「難解」という尺度で現代美術と人生を同じに置いているフレーズの耳どおりの良さに、奇妙さを感じます。


展覧会は、若手?中心の34名の作家によるもの。平面も立体もあるようです。チラシには「なんとも名付けようのない不思議な形態の作品が笠間の街に並びます。」ともあります。冬に、富山の近代美術館でワークショップをした金田未生(かねだ みお)さんも出品作家のようです。
内容とチラシのフレーズは別物なのでしょう。

面白いチラシでした!フレーズにこれだけ「突っ込める」なんてなかなかありませんね。


コメント

アートと人生・・・?

よく思いますが、人生は自分で思うほどには、実際には難解ではないような気がしますね。しかし他人の人生は、自分に理解できるほど単純なものでもない。

けれど「美術はあなたの人生ほど・・・」というのを作者の側から言われると、あなたのアートはそんなに底が浅いんですか、とつい意地悪く聞き返したくなってしまいます。

私には分からないけれど、あなたの人生には、あなた自身にしか分からない価値がある。
あなたにはなかなか伝わらないかもしれないけど、私の人生には私だけが知っている苦悩や喜びがある。

その伝達の不可能性を突き抜けたところに、アートの表現の意味とか、もっと広く人と人のコミュニケーションの価値とか、そういうことを思わないのは、私には何だかつまらないことに思えます。

たとえば視覚にハンディのある人と絵の話をすることだって、私にはそういう試みだと思うから。

キャッチコピーだからというのはいちおう分かりますけど。・・・入り口は、たぶんあなたの思うほど「難解」じゃないですよ。だけど「奥は深い」。そこが面白いんですよ、というのをもう少しうまく言えないものでしょうかね。

力作ですね

「人生という料理における、塩コショウがアート」、これが今の私の感覚ですね~。
アートは感じて、光を浴びるようなものだから、闇や毒も要素の本質前のベールかと…
今回、影ますたぁさんが、分かり易くコメントしてくださってますね♪ただ人生が難解かはモチベーション次第だから答えは分かりません。
気になったのは「あなた」って特定の誰か指してるのですか?貴重なコメント嬉しいですが、微妙な内容に感じました…それもヨシですね。

えー?

「あなた/私」は、アートを発信する人と受信する人ですよ~。(より広くは、人と人のコミュニケーション全般の話ですけどね)
一般論でーす!!(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://talkru.blog38.fc2.com/tb.php/98-63bc6a27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。