FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第9回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2009 

富山県立近代美術館で、3年に一度開催される世界公募のポスター展、「世界ポスタートリエンナーレトヤマ」略称:IPTに行ってきました。

9月27日までの会期だそうです。

ポスターって気分になるのは、昔学校の宿題でポスター展の感想文があったからなのか、何なのか、街中にはポスターがたくさんだし、商工会議所ピルには縦15m×横10mの巨大なビルボードが出現している!!
「ポスターの街・とやま」というイベントもやっていて、私はビールは飲まないが、ビアガーデンとか銀行とかいろんな場所に様々なポスターが出没しているらしい。

あれは永井一正さんのデザインなのだろうけど、あのタッチの動物みると、個人的だが、近美にいく季節だか~と。一種夏の風物詩かもしれない。

ipt2009

福田繁雄さんの追悼展示(別フロア)と、あとたくさんの審査員の中でも松永真さんの「ヒロシマ・アピールズ」が印象に残った。
グランプリなどの受賞作はネットでも見られるけれども、やはりあの409点の迷路の中から探すワクワク感はたまらない。

個人的には、野田凪さんなど大好きなデザイナーが逝去されたので、今回は寂しい。
水色の雲のとても印象的な目玉の作品は、80歳の有名なデザイナーが応募してから逝去されたそうだ。80歳でもあんなにセンスよくいられるってすごいな~と別の感心もしてしまいます。



コメント

服部一成さん講演会

今日、服部一成さんの講演会「夏炬燵」にいってきました。
JRのCMの話やキューピーハーフの連載など、丁寧に楽しくお話くださいました。
まさに文字で遊び、余韻で魅せるデザイナーだな~。発想もユニークでやはりセンスがいい!
今回一番うけたのは、小学生の頃の年賀状でしょう。三つ子の魂百までも!ですねw
さらっと、不思議なポスターの秘訣は案外、手作業の成す業だとは…秘密たくさん教えてもらえた、いい2時間でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://talkru.blog38.fc2.com/tb.php/202-cf737f8c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。