FC2ブログ

「マーク・ロスコ 瞑想する絵画」 

マーク・ロスコが大好きです。

言葉でどういったらいいのか分かりませんが、心の中のいろんな感情を引き出してくれる絵画はないと思っています。
絵(壁画)との距離によって、特に光や温度が変わる感覚、それがおそらく一瞬にして、言い尽くせない感情をわしづかみにするのでしょう。


川村記念美術館は東京から快速でも1時間はかるい…なかなか遠いです(涙

こちらの館の「ロスコ・ルーム」は新装してから、まだ拝見してませんが、前回の「モーリス・ルイス」の時に、完全に色の世界と空間の絶妙さにやられましたが、今回はさらに上。
単なる私がロスコ・ファンだけじゃないと思う。

シーグラム壁画の15点に囲まれる「幸福」。格別です!!!

今度はやっぱり、チャペルを目指すか~

あえて画像とかここには載せませんねw うまくできないのもあるけど、絶対に自分で行きたいという気持ちになって、自分の目と体で確かめてきて欲しいからです!!ご容赦を~
結構長い時間滞在しました。
めずらしく音声ガイドも借りて。コメントは覚えてませんでしたが、ロスコが聴いたという、モーツアルトの曲を大音量で聴きながら空間にたたずんだり、何回も座ったり、壁に近づいたり、たまには涙ぐんでみたり、心をゆさぶられましたね。
彼がモーツアルトだったとはちょっと意外!カタログを読むと、ロスコの人物像が分かりやすくて、また意外!

以前に開催された、東京都現代美術館等での大型展とはまた違った、格別のよさがありました。もちろんあの展覧会もいまだに大好きなもののひとつ。

作品からも、いままでにない、マーク・ロスコを感じましたが、びっくりではないけれども、しみじみと新鮮です~

ロスコの作品と会うと、生きてるな~という自分に納得します。


ミーハーで、息子さんにサインをもらいました。私は英語が全くできないのに(笑)
だって、こんな素晴らしい展覧会を開いてくれた人に敬意と感謝を伝えたかったので。感情が高ぶってたんでしょうね…(でもサインがうまく読めないけどw)

部屋の安いシートの印刷作品(でも大好きなワインレッドのシリーズ)をながめつつ、本当に多彩な感情を受け止められるようになりたいな~と思いました。

特急にのると便利!車だと更に便利!
寒い、氷雨の中で美術館に分け入った感じだったけど、中は本当に美しかった~
もう1回は見に行きたいものです…

コメント

こんばんは。

昨日とーくるさんもいらしていたのですね!
あの感動と静かな興奮を一日前に体感でき
なんだか申し訳ないような気分になりました。

画像無い方がいいかもしれません。
自分は画像に頼り過ぎています。反省。

ステキでしたね~

Takさん、コメント&TBありがとうございました。美しい画像は公式HPやTakさんの的確かつ鮮明なブログでチェックです。(ついつい、何度もみてしまいますw)
今までにないロスコの感覚も加わりました。

音声ガイドは嫌いなんですが、今回はモーツアルトが聴きながらシーグラム壁画観られるので、アリだと思います。
会場のよさ、カタログの人柄がわかる感じ…息子さんの存在もあるのでしょうが、ロスコを身近に感じることができたと思っています。

ロンドンでも、今までの川村にもない、ロスコの空間があったと思います。とてもエキサイティングで、癒されて、最高に心ゆさぶられました。
この幸福!もう1回は行きたいです!!
  • [2009/02/24 22:46]
  • URL |
  • とーくる(k)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://talkru.blog38.fc2.com/tb.php/199-e2b01ed5

「マーク・ロスコ 瞑想する絵画」

川村記念美術館で開催される 「マーク・ロスコ 瞑想する絵画」展のプレスプレビューにお邪魔して来ました。 千葉県佐倉市の南西端に位置するDIC株式会社の広大な敷地内にとんがり帽子が二つ並んだ可愛らしい外観の美術館があります。このブログでも度々登場する?...
  • [2009/02/21 23:59]
  • URL |
  • 弐代目・青い日記帳  |
  • TOP ▲