FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冒険王・横尾忠則  

世田谷美術館では、館内1階・2階を使って、横尾忠則さんの個展が開催中です。
タイトルは「冒険王 横尾忠則」

世田谷美術館で終了後は、兵庫県立美術館で開催。
横尾さんが現在住んでる世田谷と、郷里で今度記念館がつくられる兵庫での個展となるようです。

冒険王 看板

世田谷美術館のある砧公園の緑にも強烈に反応する、展覧会の看板です。

2階は、横尾忠則という人の細やかさがわかります。ルソーへのブラックな模写。Y字路など近作もありつつ、途中からグラフィックの仕事へ。
すばらしいと思うのは、グラフィックの色指定などの出来上がり前の原稿をみせてくれるところ。
そして、ポスターが一切ないのが、潔くて心地よかったです。

1階は、油彩中心で大小さまざまですが、セレクトがいいのか、ライティングがいいのか、横尾さんのいわゆる個展だと必ずでる作品も多くありましたが、1点ずつが過剰ではなく、じっくり見ることができるリズム・量だったと思います。


「天の岩戸」って、あんなにキレイな作品だったけ~と立ち尽くしておりました。私は赤のシリーズが好きですし、父の弟夫婦のくだりも個人的に共感すべき点もありひかれます。あの不思議な目のないワニが一番好きな登場モチーフでしょうか。

素敵だった展覧会。あえて不自然を感じたもの。きっとあのコーナー解説みたいな中途半端なパネルは不要。あと、なぜ「葬列」と「責場」があえてあるのか…普通見逃すような場所に展示するくらいないら、なくてもいいのに~です。

ミュージアムショップは横尾さんのグッズであふれてました~。
もちろん、おもわず買い込んでしまいました。
ただ、私が行った頃(4月)は、まだカタログができてなくて残念!!!

横尾ファンには垂涎ですね。会場が変わると様子も異なるでしょうから、兵庫展示も面白そうです。

横尾さんは、本当に制作するために生きてるんだな~というか、好きというか、生活のリズムにさまざまな制作が入り込んでいて、横尾忠則って只者じゃないな、と再確認です。先生はいつも「死」をいうのに、老いないのはなんでだろう??とかいろいろ、アートの世界以外のことも感じました。
ヘビーではなく、ものが生まれるエネルギーを感じ取れる、楽しい展覧会だと思うので、今年おススメの展覧会でしょう。


あとは、図録の出来がどうだったか、ぜひ入手しなければ!です。

コメント

5月15日付けの、横尾忠則オフィシャルサイトでの発言。
http://www.tadanoriyokoo.com/vision/index.htm

興味深いです。教育って何?って思います。行政って縦割りだから、美術館って末端の組織だから発言力が小さいって読んだことがありますが、真意はどうなんでしょう。
外部の人、評論家なりマスコミ、誰もきちんとしたレスをしないのが、また日本らしいいというか、嫌な感じですね。
そんなことに停滞せずに、正面きって意見を求める横尾さんって、さすがバッシングなれ(?)してるとも思いました。
問題点とは別に、アーティストとしていい文章だと思いました。
  • [2008/05/17 01:21]
  • URL |
  • とーくる(K)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

うん。

ご本人にしたら、がっくりでしょうね。
せっかくの個展なのに、何だかお気の毒です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://talkru.blog38.fc2.com/tb.php/187-3ee6e112

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。