FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡本太郎「明日の神話」を富山でみる 

岡本太郎の巨大壁画「明日の神話」は、今、東京都現代美術館で特別展示中です。

そして、昨日3月18日のニュースで、恒久的な展示場所として、渋谷が決定したそうです。
渋谷区と大阪の吹田市、広島市が候補地として立候補、岡本太郎記念現代芸術振興財団(岡本太郎記念館)により、検討がされていたそうです。正直、渋谷と広島の一騎打ちだったのではないでしょうか。

「ハチ公から、渋谷へ」をテーマに、活動をしてきた渋谷。
企業や商店街や大学などがかかわり、いわゆる大人から若者までが参加した運動。渋谷という多くの情報発信地に、壁画が展示されるようになるのは、かなり面白いように思います。

設置されるのは、JR渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅をつなぐ2階通路の壁面。(渋谷マークシティが井の頭線と直結なので、その通路でしょうか?)
動く世相のど真ん中、しかも電車の乗り継ぎ通路というか、岡本太郎が望んだ、誰でも見られる場所に設置されるのは、今想像するだけでも愉快です。
岡本の生誕100周年である2011年までに実現させたいとのことなので、期待も高まります。

 渋谷駅は国道246号に面し、東に岡本太郎のアトリエ、青山の子供の城には「こどもの樹」のモニュメントがあり、西に岡本太郎の母かの子の生誕の地二子神社には文学碑「誇りが」、川崎市には岡本太郎美術館がある。「明日の神話」が渋谷駅に恒久展示されることで246号線は「TAROの道」として 完成致します。
  私たちはこの「TAROの道」を通じ、そして「明日の神話」を通じて、岡本太郎画伯の精神・遺伝子を後世につないでまいります。


 NPO渋谷・青山景観整備機構(SALF)内、『明日の神話』招致プロジェクト実行委員会、実行委員長 小林幹育氏の決定を受けての言葉より抜粋


私が唯一思うのは、旧・東京都庁の移転の際、岡本太郎の壁画を保存もせずに壊した東京の地。
壁画「明日の神話」がずっと大事にされることを望むのみです。

丸の内にあったという旧都庁の壁画は保存運動もあったのに、壊したと雑誌かなにかで読んだことがあります。フランスの雑誌による国際建築絵画大賞も受賞したという、陶板レリーフの壁画。できることなら、実物をみたかったです…。

広島もずいぶんがんばっていたようですね。敏子さんは広島がよかったのでは~とは思いますが、作品の前に「人が通る」ことも含めて、多くの人が往来する場の魅力、渋谷で偶然みた人にまったく違った衝撃を与える、ってのも考え方なのだとは思います。(さすがに「TAROの道」は、言葉の上滑りに感じますが…。)

都現美壁画
(東京都現代美術館での壁画の展示風景)
壁画中央
(巨大壁画の中央の骸骨部分。レリーフです)

さて、富山県立近代美術館でちょうど壁画の下絵が展示中です。


 展覧会名称:「戦後美術の断片 昭和は遠くなりにけり」
 会期:2008年3月30日(日曜)まで。月曜日と祝日の翌日(3月21日は休み)
 時間:午前9時30分~午後5時まで
 展示内容:昭和30年代、40年代に焦点をしぼり、美術館所蔵のコレクションより、日本人アーティストの絵画作品51点、彫刻9点、ポスター50点の合計110点を展示。
 同じ展示室内に、高岡市立博物館の生活資料を展示した4畳半の畳のスペースも設置。


会場の中央に展示された、岡本太郎「明日の神話」の下絵の油彩(油彩として完成した下絵の第2号)は、横約5メートル、巨大壁画の約6分の1のサイズでしょうか。
壁画は横約30メートルで、アクリル系の絵具で描かれたり、中央の骸骨がレリーフになっていて、ざらついた感じに立体的で、本当に独特。
下絵の油彩は、それよりは「えぐく」ないかもしれないけど、全身で作品を感じるにはちょうどいいサイズ。
2年前の初公開の時にも、この美術館の常設展示で飾られていました。壁画とはまた違った迫力のある、あの油彩をみたいな~と思いました。

表
(永井一正さんのデザイン!のチラシ)

裏面
(チラシの裏面の上方に「明日の神話」の下絵がありました)

それにしても、巨大壁画が雑踏の街の中に出た姿、早く見たいものです。

コメント

新聞にも出てましたけど、「下絵」って言われて、あのでかい絵は想像つきませんよねー(笑)
なんたって下絵で5mだものなー!

何枚か下絵はあるそうで、名古屋だか川崎だかには、実際壁画が設置されるはずだったホテルの壁面と同じ変形サイズのものがあるんだとか。
でも富山のもののほうが、最初に太郎さんの頭の中に浮かんだイメージには近いんじゃないですかねー。

影ますたぁさん、こんにちは。そうですね~。下絵、ってスケッチブックとか普通手に持てる範囲じゃないですか??あの大きさで、下絵ってピンときませんね。だって大きいものw

昨年の年末にみた壁画のヌメっとした不気味な存在感を、また思い出しました。本当に渋谷で大事にしてほしいですよね。宣伝で消費されるような生易しい作品でないのが救いですが、何しろブームは最高潮のときが実は潮時っていいますから。

個人的には、渋谷っていう予想があたったのですが、広島においてほしかったような気もしてます。
だって壁画の副題は「ヒロシマ・ナガサキ」なのですから…。
  • [2008/03/19 18:06]
  • URL |
  • とーくる(K)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://talkru.blog38.fc2.com/tb.php/183-5a652461

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。