FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床するアート 

風邪がかなり流行っていますね。
もちろんのように、私はひいています。寒暖の差がこたえるのです。

さて、以前から気になっている「アートミーツケア学会」の2007年度大会が来月開催されます。

アートミーツケア学会
2007年度大会「臨床するアート」
日時:12月8日と9日
場所:横浜、BankART1929 Yokohama 3F 1929スペース



内容がとにかく行きたいと思わせるのです。
しかし、残念ながら仕事が入っているので、いけないのです(涙)

何人かの人のお話は聞いたことあるのですが、魅力的です。
とくに聞きたいのは、鷲田清一さん(大阪大学総長)の講演会「臨床する知とアートの力」

以下抜粋で講演内容です。

人間の生を育むケアの場が抱えるさまざまな課題は、既存の専門知が直接に向き合うだけでは解決は難しい。今、求められているのは専門と非専門の間をつなぎながら、価値観にゆらぎをもたらす<臨床する知>ではないでしょうか。また、そこにアートはどのように関われるでしょうか。ケアの本質にせまる新しい知、そして新しい美について考えます。



先般、東京都写真美術館の「鈴木理策展」のカタログに鷲田先生の文章が載っていました。立ち読みで、少々難しいかったのですが、ステキだったことは印象として残っています。
アートとケア…難しいけど、とても広がりのあるジャンルの融合です。人が支えにするものと支えるもの、興味深いです。
そういえば、とーくる事務局メンバーで、福祉系の人脈と知識でとても熱心に活動してくださっていたお一人が、喜ばしい事情なのですが、富山から遠方にお引越しされました

いろんな人の交流もしていかなければな~と思う、寒い雨の日です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://talkru.blog38.fc2.com/tb.php/173-b2f32156

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。