FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今見たいもの… 

11月3日の「文化の日」もあり、「芸術の秋」というのもあり、アートイベントや展覧会が花盛り。
でも仕事だったり、風邪ひき。気持ちとはうらはらに日常に追われ、どこにも行っていない…。今度の11、12日も残念ながら行けない。

今、私の心を捉えているのは、

1、大竹伸朗展に次はいつ行こう~。
2、森村泰昌「烈火の季節-なにものかへのレクイエム・その壱」が見たくて見たくてたまらない!!!
3、宮城県美術館の「パウル・クレー」はやはり本当に諦めるのか?
4、奈良の正倉院展は、結局行けない。このまま一生行けないのか(涙)



正倉院展の今回のチラシは、本当に美しい。展示品も聖武天皇ゆかりの品々というのもポイントが高いです。おそらく50年後には見に行けないだろうから、特に何を見るわけでも、歴史ファンでもないけれども、聖武天皇をキーワードに、行きたい気持ちが高まりました。
しかし、例年のことですが、会期が短いので行きそびれます…。
(下図版はそのチラシ。右にたて文でキャッチコピーがあります。「日本最古、美のテーマパークかもしれない。」何だかこれは余計だと思う…。)



大竹展の余韻で気分は全体的に晴々。でも今、心の3分の1を占拠しているのは、森村泰昌 「烈火の季節-なにものかへのレクイエム・その壱」。
DMを見て、こころがザワザワした。行かねばならない。

詳しくはシュウゴアーツのHPへ。
不意にDMを見たので、居てもたってもいられなくなっています。(大竹展はかなり前から心の準備ができてました…。)
オープニングや11月25日は勿論、本当は見に行く余裕などどこにもないのだけれども、点数が少ないだろうしがっかりする不安がないわけではないのだけれども、見なくては絶対後悔するので、行こうと思います。

大竹さん見て、森村さん見て…豪華でクラクラだと思うけれども、それを見た自分が空虚にならないように、体力づくりにいそしもうとも思います。

正直、大竹さん見た後、大きな満足感と幸福感に包まれましたが、同じに激しい疲労感も覚え、次の展覧会見る予定等全てを取りやめ、新幹線に飛び乗って帰りました。
確か世の中には「運動の秋」ってのもありましたね。ほぼ11月分のブログ書いたから、それもありかな~と思います。
三島ファンの方には、昨年の港の見える丘公園・神奈川近代文学館の「三島由紀夫 ドラマティックヒストリー」以来の楽しみかも知れません。少なくとも私は、森村さんが三島を選んだことの重要性を感じたいです。

あと、とーくる情報を期待している方、心身にハンディのある人と一緒にアートを活用して日々を楽しむ方法について、進行形で、いろいろ考えています。
アートのチカラをもう一度確信しないと、うそっぽいので、展覧会を見て歩いて、人の話しを聞いて、蓄積している最中だと見逃してください。メンバーみんなが生活費をかせぐ方で多忙なのも仕方ないのですが、とーくるの仕組み・考え方に、もうひと工夫欲しい気がしています。
短期決戦でやってしまうと絶対投げちゃうだろうから、スローにしています。それにしても今年は春に大仕事してしまいましたね…。

11月、12月は滋賀や大阪でエイブル・アート系のイベント等が盛んです。本当はこれも見に行きたいです!!

時間と体力の課題もですが、交通費の工面の難しさ…自業自得ですが、辛い。本当JRにマイルでも導入してもらいたいです~

コメント

かなりの犠牲を払って、森村泰昌の「烈火の季節」を見てきました。土曜日の移動は、ほとんど海外旅行並にハードでしたが、夕方にきちんと静かな中で見れました。併せて、日曜日には大竹展。
大竹展以外でも、3日間ほどで、500点くらいは見たのではないでしょうか?頭のデフラグが必要です…。
目標の1と2は達成できました。人の欲望は尽きないもの。その恐ろしさを感じています…。
しかし何といっても現実問題、年越しできるか否か。江戸時代の長屋住まいの人の様に心配です(涙+笑)

演目「正倉院展」・・・

「正倉院展」へ行きました。が、車でひたすら下道を行ったためか非常に時間がかかり、到着は閉館30分前ぎりぎりでした。そのため、見るというよりとにかく慌ただしくまわった、といった感じです。ただ、以前行った時とは博物館の様子が随分と変わったような印象を受けました。スタッフが若く、建物が光にあふれ、こんなに明るい場所だったのかなと・・・ちょっとしたエンターテイメントものでも見に来たような。そんな感覚でした。これからの、というか今の時代の博物館は劇場化しているということなんですかね。それとも、ただ田舎者なだけということのような気も・・・

遠路ですね~

飛行場さん、コメントありがとうございます!残り30分とは残念でしょうが、雰囲気は満喫のようで何よりです♪
展覧会や美術館でも格差社会ではないし、肯定的にメリハリ?マーケティングや元資本勝負…と感じますよね~
それにしても、羨ましい!!お疲れ様でした~
  • [2006/11/16 23:57]
  • URL |
  • とーくる(k)
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://talkru.blog38.fc2.com/tb.php/119-0cda3b50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。