FC2ブログ

スプツニ子!「Tweet Me Love, Sputniko!」 

ブログもそこそこに、最近ツイッターを、いつもどおりシステムもよく理解しないまま始めてます。

スプツニ子 バレンタイン
ツイッター上で、都現美でノックアウトされたスプツニ子!さんをフォロー。

あれよあれよ、という間にツイッターでスタッフを集めて、展覧会をつくってもらう、会場管理もしてもらう!という企画と立てて、実施。その展覧会が今日20日(日曜)が最終日である。

Tweet Me Love,SUPTNIKO!展

場所:EYE OF GYRE GYRE (ジャイル) 3F 
   渋谷区神宮前5-10-1
開催期間 2月10日(日)~2月20日(日)
開場時間 11時~20時
会場のHP  http://gyre-omotesando.com/



つくられていく様子をみてたら、なんかまるで母親みたいな気分になってしまった。
この子たち大丈夫かしらと、ハラハラ…。

実際に会場にいったら、ツイッターで集まった女の子たちが受付とか頑張ってた。
不思議な親近感でお話もした。スタッフの子が作ったというバレンタインのチョコクッキーも食べた。
ガールズパワー全開!ってだけでなく、みんな考えめぐらせててカワイイ。真剣さと若さに、得られないものを得た気がした。

情報発信について、作品発表について、個々のつながり方について、さらには「作品とは?」について、スプツニ子!さんに考えさせられるこの2週間ほどだ。

明確にpopに、でも真剣にこのプロジェクトを行った人たちに感謝。
(無料だからそう思うのかな??写真も自由だし、ちいさなスペースだし…)

面白い動きを打ち立ててくれたと思う。アナログの私にも、それだけは分かる。

ツイッターでこの展覧会みた人が紹介してた、すぐ傍のお店で美味しいガレットも食べた。
会場を出て、不思議な感覚のまま「グーグルの歌」が頭の中めぐるので口ずさみながら帰宅した。


「グーグルのうた」スプツニ子!



直前にみた横浜美術館、高嶺格「とおくてよくみえない」で、以前からお気に入りの「ゴッド ブレス アメリカ」もふっとんだ。でも高嶺さんの展覧会も貸切状態で満喫。ラストも好きだよ。

自宅に帰ると「生理マシーン タカシの場合」がめぐるんだけどね。こちらの方が趣味。

東京近くに住んでるといいな~と思ったけど、富山という田舎で距離があっても情報ってすごいと思う。ソーシャルメディアって言われてもピンとこないが、今回十分に恩恵を受けた。

でもやはり今の段階では何事も最後は「生」にいたる道なのかもしれない。

少なくとも今を生きている作家において、美術館なんてハコモノも、展覧会という格式も、一体どうなんだろう??って思う。

高嶺さんといい、スプ子さんといい、技術やネットに依存してない、さらっと使いこなし、究極は人間力で目的を達成する姿はすがすがしい!

彼女の今日のつぶやき「ギブミー・インプット♡」

最終日の今日は、たくさんの人がスプ子さんの呼びかけで、スタッフ希望者さんたちがスプ子さんらしきものをもって会場にわんさと集まるのです!
 
スポンサーサイト