FC2ブログ

月別アーカイブ

 2007年08月 

展覧会の雑感いろいろ… 

ずっと、ブログは手をつけておりません。
まもなく9月ですね~。
そろそろ、芸術の秋ってやつでしょうか。

(1)最近みた展覧会(メモ)
・横浜美術館 「美の教室、静聴せよ」(森村泰昌さんの個展)
・国立新美術館 「日展100年」
・芸大美術館「金比羅宮の障壁画」/NHK主催の「自画像の証言」
・オペラシティ・アートギャラリー「メルティング・ポイント」
・ブリヂストン美術館 青木繁「海の幸」
・銀座ggg「ワルシャワの風」(ワルシャワのポスター展の記録)


(2)その前にみたの…(全て終了済み)
・森美術館 「ル・コルビジュエ」展/「ねむの木の村」展
・世田谷美術館「青山二郎の眼」展
・国立西洋美術館「パルマ展」


面倒なので、どれもリンクは貼りませんね。
あと、地元の美術展はいくつか…。富山近美の「アートの世界へようこそ 美術のおくりもの」展など。画廊もいくつかいったのか…行ってないか…。

毎年富山の作家さんが行っている触れる作品の展覧会「蝕展」は、今年は日程も短く、体調も激悪で残念ながら見れませんでした…。(DMくださった方、ごめんなさい)


今回、森村展をみて、(正直、ホームルームはいくら巨大画面であっても、シュウゴアーツでみたときの方が素晴らしかった!!)
本当は最終日の9月15日に行きたいですね~。

何より「笑い」の重要性を感じてきました~。彼の良さです!


その他、三軒茶屋の劇場で「ロマンス」をみて、チェーホフと“ボードビル”の関係性をみて、池袋演芸場で昼寄席で正蔵のトリをみて、積極的に「笑い」を感じてきました。
(実感として、大笑いしてないのが、まだまだ退院しても、リハビリ中ですね…。(1)と(2)の間で1週間の入院してたので…)
(1)のときは渋谷で勘三郎の「三人吉三」をみて“業”との折り合いを感じてたのですがね(笑)

森村展は面白さもだけど、考えることが多かったのも事実…
ただ、面白さとして、虎屋のお菓子を買ってきました。横浜バージョンは、ゴヤのモチーフがパッケージに飛んでいるので、中身は同じでも「買い」です!
しかし、なんで監視のお姉さんはモナリザになった単独客のシャッターを押せないのか!!とか(笑)

・「日展100年」は、東近美とかの常設で普段人がみてない名作ばっかりじゃん!とか…。
・gggは思いのほか、すばらしく、BGMのクラッシックもワルシャワしているのもエクセレント!あと、日本人デザイナーってすごいんだな~って改めてため息ついてきました~。
・オペラシティのネトは触れませんが、天空にいるみたいで、空いている時間には貸切で最高でした~(常設のコレクションもいつもいいです)


というわけで、真剣にはみてないのですが、一応、作品を見ることデビューができたわけで…。ちょっと安心です。
でも入院のお陰で、貧乏に拍車がかかってますね。せめて交通費を節約できる裏技が知りたい~(笑)
次は何をみにさまようのやら…。次はあまりピンと来るのがない、あるいは遠すぎていけないの感じですね。

ただ私は、鑑賞者が作品を完成させるという趣旨のデュシャンの言葉の信仰者ですから、作品の前に立たなければ楽しみははじまらないのです☆
続きを読む
スポンサーサイト