FC2ブログ

「パリで学んだ画家たち」@富山近美で岡本太郎 「明日の神話」を再度みる 

富山県立近代美術館で
「パリで学んだ画家たち フランスでみた光」をみてきた。

パリ展チラシ表

東日本大震災後初の「明日の神話」(油彩画ヴァージョン)である。壁画と違った、見え方がするので、油彩も案外好きで見てるほうだと思う。

正直、見てどんな気持ちになるのか、自分を試すようなところもあった…


さて、企画展全体の話。

企画展だが、コレクション展(収蔵品展)。だから全館500円で見れるのは大変うれしい。

企画展自体は、約100年の日本人の洋画家と版画家が、パリに行った人を生没順に展示。

へーーと思う人がパリにいってる。
美術史的な立場というより、大人向けのはずかしくなく気軽に楽しめる普及的展覧会だろう。
素朴な展覧会で疲れないw



見所?は、岡本太郎が2点。あと10年以上ぶりにまとめてみる金山康喜が6点?と大型も含めての前田常作が5点かな??
金山と前田だけがフランスに行った前、後の比較がきちんとできてる。
あとは、悲しいかな、どこからも借りてこなくて切り口勝負の展覧会だけあって、パリ期の作品がジャストにあるわけとはいえない。(少しはあるけど…)

作家の言葉がパネルになってたり、美術史的すぎないパネルが、読むのは面倒だか役立つかも…
中央で座って読むこともできるが…

2階の「常設Ⅰ」のピカソらからはじまる、「20世紀美術の流れ」と併せてみると、日本だけでなく、美術の流れがなんとなくつかめて、今があるのが分かる。
この人たちと交流があったのが、日本人なの?とか、玄人さんの愉しみかたもできるようだ~

100年前って案外、昔で不便で、でもその中で制作してた人っているんだと思った



今回の目的は、17日のアートレクチャーで、岡本太郎の「明日の神話」について。

主な内容

・太郎の評価が世代で違うこと
・太郎のバックボーンを簡単に(家族やパリで影響を受けた人たち)
・明日の神話の「原画」の違いと、富山にある原画(壁画の5分の1サイズ、でも横5メートル)の生昨年のサインの意味の推測
・第五福竜丸事件をテーマにした「燃える人」(東京国立近代美術館蔵)や、ベトナム戦争反対の際の文字「殺すな」の画像と太郎の文章
・昨年3月のチンポムの壁画「いたずらがき」騒動とされる、一連の事件のことと、今また無関心にされている壁画の様子など…


約60分のレクチャー。現在進行形の話、っていわれたのは、レクチャーって教えられるってイメージもあったから意外で、本当に気軽に聞けたw


ツイッター等で誤解が広まっているとして、岡本太郎作品がなぜ富山で購入されて収蔵されているかの理由を教えてもらえておもしろかった。
「その場でもっていけ」なんてありえない話だとおもっていたけど、やはりね~


某有名な相談役が「20世紀美術を扱う美術館に岡本太郎がないのはおかしい」と県庁と話をして、仲介をしてもらいまず「赤い兎」が購入決定に。
館の主旨を理解してくれていただろう太郎が、すでに壁画が行方不明になっていた「明日の神話」の油絵(原画)にも譲ることができるが…ということだったそうな。

私はその某有名な人よりも、岡本太郎と勉強会等で交流があった瀧口修造の存在も感じるのだけれども明言されなかった。
瀧口修造は美術館に関する役職、その他の役職も全て辞している人だから、オモテだって何かいう、いったことを残すとは思えないので、やはり推測だが…。太郎の評論立ち読みしてたらおもしろかったw


個人的には「赤い兎」が好きかも!
ポスターもチラシも「赤い兎」だし、永井さんのかっこいい!


続きを読む
スポンサーサイト



富山でみる 「東山魁夷 杉山寧 高山辰雄 日本画の巨匠三山展」 

ブログは久しぶりの更新。

東京国立博物館の「空海と密教美術」展に1時間前から並んでゆっくりみたり、図録を数年前にみてから気になっていた練馬区立美術館の「磯江毅展」みたり、東京国立近代美術館で「イケムラレイコ」、東京都写真美術館で「クーデルカ」や「江成常夫展」みたり、休暇とお財布と相談しながら、いろいろめぐっておりました。
ツイッターでのつぶやき、あるいはつぶやきすら面倒になる時間を過ごしておりました(汗
加えて、ツイッターがナゼか調子悪くて、今はつぶやいてませんw

正直なところ、岩手での森村泰昌さんの≪「人間風景」-萬鐵五郎、松本竣介、舟越保武とともに-」展≫が、急遽中止になったことに、かなりショックをうけていたのが大きくもあり…。今は、そんなヤワな人でないと確信しているので、復活してますが!


芸術とは、過酷なものだと、挑むものだと思っていたところ、先人に学ぶ機会がありました。

9月でいい天気だったので、富山県立近代美術館にいってきたのです。
目当ては「日本画の巨匠三山 東山魁夷 杉山寧 高山辰雄」展。

日展三山(にってんさんざん)とは、戦後の日展で活躍した東山氏、杉山氏、高山氏の3名を指し、敬意と親しみを込めて呼ばれた愛称だとのこと。
院展の平山郁夫氏、創画会の加山又造氏を加えて(両名とも2階で展示中。他の人の場合もあり)で、「五山」(ござん)といったりするそうです。(全て故人)

この展覧会、キャッチーにいえば、昭和を代表する国民的画家、日本画家の競演です。

三山看板
駐車場からミラーガラスに貼られた看板!
青空や雲、車も映り込んでます。


三山チラシ表
展覧会チラシ表面(表デザイン:永井一正氏)


美術館は展覧会はじまって早々だと思うのに予想以上に混雑。
展示室内はゆったり観覧できますし、大きな作品(日展出品作)が多いようで、大作をゆったりで、いいです。
展示のリズムである素描なども結構見入りました。


≪会期≫
平成23年9月3日から10月16日
前期:9月3日~9月25日
後期:9月27日~10月16日

《開催時間》
午前9時半~午後5時
*10月に臨時に午後7時まで開館する日があるようです。
詳細は富山県立近代美術館のホームページを確認してください。

≪観覧料≫
一般1,000円、大学生700円、高校生以下無料


私にとっては、「日展」などの公募展は既に遠い存在…
日展は、上野の東京都美術館で皆さんの期待を毎年集めていたそうです。
今は六本木の国立新美術館に会場を移しましたが…。
富山では今年の春に日展が巡回できましたが、昭和3、40年代等の機運は正直、今の美術界とは違うのでしょうね。
勿論その後も活躍されておりますが!

来館者の層は、60代以上のご夫婦が多い感じでしょうか~。
車椅子度が高い!これは、とーくる的には良い事です。
高度成長期、経済優先前の日本の歩みを知っている、その中で作品とであって感銘を受けてきた人たちが、懐かしくみている、といった印象を受けました。
戦後からの復興。西欧文化の怒涛の流入の中、伝統的なものを受け継ぎ・変換し、新たな画業をなした人たち。
その作品からいろんなものを受け取り、同時代を生きた人が鑑賞されているのでしょう。。。

≪展示内容≫*敬称等省略

○東山魁夷(ひがしやま かいい) 
 前期・後期連続 10点
 前期、後期で各8点の展示替えあり(常時18点展示)
 *チラシ表の東山作品は前期だけ!!

○杉山 寧(すぎやま やすし)
 前期・後期28点(展示替えなし)

○高山辰雄(たかやま たつお)
 34点展示(後期のみさらに1点追加展示)

前期後期合わせて88点の展示。(本画がほとんどで、スケッチ類も見ごたえあり)
*展示作品リストは、美術館HPでpdfでチェックできます。

いい作品は時代遅れにならない、って実感です!

展覧会図録(¥1,800)は、本画の作品解説ありで、買い!だと思いました。
ショップでも、高額な複製画も売っていますが、書籍やハガキもあり、お買いものも楽しいです。
チケットは展示室入口横で入場無料なので、買い物だけにでも再度!もありかな~

おなじみの企画コーヒーや秋の風合いたっぷりなスイーツだけでなく、ショップでは3作家に影響を受けたハンドメイド作家さん作家も期間限定であり、にぎやかです☆

続きを読む

スプツニ子!「Tweet Me Love, Sputniko!」 

ブログもそこそこに、最近ツイッターを、いつもどおりシステムもよく理解しないまま始めてます。

スプツニ子 バレンタイン
ツイッター上で、都現美でノックアウトされたスプツニ子!さんをフォロー。

あれよあれよ、という間にツイッターでスタッフを集めて、展覧会をつくってもらう、会場管理もしてもらう!という企画と立てて、実施。その展覧会が今日20日(日曜)が最終日である。

Tweet Me Love,SUPTNIKO!展

場所:EYE OF GYRE GYRE (ジャイル) 3F 
   渋谷区神宮前5-10-1
開催期間 2月10日(日)~2月20日(日)
開場時間 11時~20時
会場のHP  http://gyre-omotesando.com/



つくられていく様子をみてたら、なんかまるで母親みたいな気分になってしまった。
この子たち大丈夫かしらと、ハラハラ…。

実際に会場にいったら、ツイッターで集まった女の子たちが受付とか頑張ってた。
不思議な親近感でお話もした。スタッフの子が作ったというバレンタインのチョコクッキーも食べた。
ガールズパワー全開!ってだけでなく、みんな考えめぐらせててカワイイ。真剣さと若さに、得られないものを得た気がした。

情報発信について、作品発表について、個々のつながり方について、さらには「作品とは?」について、スプツニ子!さんに考えさせられるこの2週間ほどだ。

明確にpopに、でも真剣にこのプロジェクトを行った人たちに感謝。
(無料だからそう思うのかな??写真も自由だし、ちいさなスペースだし…)

面白い動きを打ち立ててくれたと思う。アナログの私にも、それだけは分かる。

ツイッターでこの展覧会みた人が紹介してた、すぐ傍のお店で美味しいガレットも食べた。
会場を出て、不思議な感覚のまま「グーグルの歌」が頭の中めぐるので口ずさみながら帰宅した。


「グーグルのうた」スプツニ子!



直前にみた横浜美術館、高嶺格「とおくてよくみえない」で、以前からお気に入りの「ゴッド ブレス アメリカ」もふっとんだ。でも高嶺さんの展覧会も貸切状態で満喫。ラストも好きだよ。

自宅に帰ると「生理マシーン タカシの場合」がめぐるんだけどね。こちらの方が趣味。

東京近くに住んでるといいな~と思ったけど、富山という田舎で距離があっても情報ってすごいと思う。ソーシャルメディアって言われてもピンとこないが、今回十分に恩恵を受けた。

でもやはり今の段階では何事も最後は「生」にいたる道なのかもしれない。

少なくとも今を生きている作家において、美術館なんてハコモノも、展覧会という格式も、一体どうなんだろう??って思う。

高嶺さんといい、スプ子さんといい、技術やネットに依存してない、さらっと使いこなし、究極は人間力で目的を達成する姿はすがすがしい!

彼女の今日のつぶやき「ギブミー・インプット♡」

最終日の今日は、たくさんの人がスプ子さんの呼びかけで、スタッフ希望者さんたちがスプ子さんらしきものをもって会場にわんさと集まるのです!
 

森村泰昌「なにものかへのレクイエム-戦場の頂上の芸術」 @兵庫県立美術館 

2011年がはじまりまっています。寒中お見舞い申し上げます。
今年も「とーくる」をよろしくお願いいたします!

2010年から全国4箇所巡回の、最終地の兵庫県立美術館で、森村泰昌氏の個展「なにものかへのレクイエム-戦場の頂上の芸術」が開催中です。

兵庫県立美術館 ミニ
兵庫県立美術館の風景

豊田市美術館
豊田市美術館の風景

詳細は、HP〔「森村泰昌」芸術研究所〕でチェックを!


4館制覇を目指しましたが、東京都写真美術館、豊田市美術館は堪能。(上野千鶴子さんとの対談よかった!)
広島市現代美術館はいけませんでした。念願かなわず…
本当は11月25日あたりにいきたかったけど、貧乏なのもあるけど場所も日程もあまりにも私にはディープだった。


兵庫県立美術館は、震災のメモリアルデーの悲しみの翌日、1月18日の朝9時30分からの開会式。
(1・17は大阪のボロホテルでテレビで泣きどおし…兵庫にとんでいけない自分のふがいなさが憎かった)

森村さんの開会式は…もちろん出向きました。
雄弁な作品は、時代への警告にも優しさに満ちた誘導にも思えるというこれまでの気持ちをもって…



各美術館でいろんなことを思いました。
シュウゴアーツでのミシマの「烈火の季節」での“静聴せよ”の怒号の出会いの衝撃からはじまり、「独裁者はどこにいる」。そして「海の幸・戦場の頂上の旗」。
あ、「海の幸」の拍手のために東京もいきましたね…草月会館。

兵庫の少し残念なところは、若干音が漏れるところ。バリアフリーじゃない、全く。いつになってもこの建物にはぬくもりを感じない…

しかも「海の幸」のピアノのところで違う音が入るのは、ちょっと許せなかった…(ただ私の心が狭いのか…)
でもデュシャンやウォーホルは、一番いい展示だと思ったかな。


でも兵庫の最高なところは、コレクション展〔「その他」のチカラ。森村泰昌の小宇宙〕展で、モリムラさんの別の顔が見れること。
私は彼の書が特に大好き。音声の谷崎ばりの小説の一部もおもしろい。かなりうける。
O氏の見識とそのバイタリティーに感謝。お礼の限りです。

関西を拠点とする作家でありながら、13年ぶりの関西での個展だという。

他の会場、それぞれの見え方がしましたが、この会場では「写真家・森村泰昌」が本当に明確だと思いました。,今更だけど写真も美術。歴史でもあるけど…、その点も古典をみたら一緒か!
おススメとしかいいようがありません。

こんなに心揺さぶられる感覚は、歴史と対峙して次へと向かう姿は、うーん男らしい!
ふと思うと、20年ファンしています。去年から今年、追っかけ随分したけど、心地よい。

恵比寿でみたときは、「海の幸」がとても「死」が強すぎて怖さすら感じたけど、関西でみると、2日前にみたルーシー・リーでもそうだったけど、関西人はよく笑うししゃべりながらみてる。
今回も「あれ、お母さんだってね~」とか。「これ誰?似てないやん」とか…「独裁者」の意味不明な関西弁の言葉遊びも笑ってるし突っ込みいれる人もいた。六本木クロッシングとかはみんな真剣にみてて無言。それも「ほーー」と思ったけど、関西ってダイレクトな場所だという実感。関西の人には怒られそうだけれども…


しかし、3つの会場をみて、兵庫でやっとなんか肩の荷がおりたように、争いや死も受け入れつつも前を向く、「レクイエム」とは本当に難しいもの。でも誰もが誰かへのレクイエムを持って生きていくのです。そんんな思いに駆られました。未来ですね。
続きを読む

スプツニ子! 

東京都現代美術館で、先月に企画展「東京アートミーティング トランスフォーメーション」(中沢新一・長谷川祐子 共同企画)をみてきました。

運よく初日?で、アーティストトークを拝見。

インドの作家が予想以上に面白かった。マシュー・バニーは長時間すぎたので途中リタイア。

長谷川さんのテイストはほぼ予想どおり。中沢さんのテイストがどんな風に入っているのか知りたかったが、実感はあまりなかった。大学生がたくさんいたくらいか…
こんど12月に鼎談があるみたいだから、だれかのブログかツイッターでみようと思います!!


映像系は苦手ですが、「スプツニ子!」さん、可愛かった!!

なんか男女問わず人間観察している理系なところ、自分をうまくツールとしても使うこともポップでよかったかな~。
下手な芸人やタレントよりも、しゃべりも可愛さも上。
今日は寒くて家にヒッキーなので、ユーチューブで堪能。展覧会とはやはり違いますね!
彼女のPV?作品??の音楽ってかなり好きです。



「MOTコレクション」もよかった。映像なら特別展示のピピロッティも迫力ありで、森万里子はちょっと懐かしかった…。何度かみているけど山川冬樹さんが一番いいかな?(でもごめんなさい、どれも最後までみる時間なかった…)

個人的には、2階の「クロニクル 1947-1963|アンデパンダンの時代」が渋くてよかったです。

ただ、今回の都現美はとても見るのに時間がかかるので、映像好きの人は特に1日かかっても平気なくらいでいった方がいいです!

もう一つの企画点「オランダ…」はみなくてもいいかも、と個人的には思いました。(楽しいけどアートはあまり感じなかった、担当者さんごめんなさい)


夏にも行ったけど、リニューアルしたから、ロビーのかわいいソファーとか気に入っています!!

第9回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2009 

富山県立近代美術館で、3年に一度開催される世界公募のポスター展、「世界ポスタートリエンナーレトヤマ」略称:IPTに行ってきました。

9月27日までの会期だそうです。

ポスターって気分になるのは、昔学校の宿題でポスター展の感想文があったからなのか、何なのか、街中にはポスターがたくさんだし、商工会議所ピルには縦15m×横10mの巨大なビルボードが出現している!!
「ポスターの街・とやま」というイベントもやっていて、私はビールは飲まないが、ビアガーデンとか銀行とかいろんな場所に様々なポスターが出没しているらしい。

あれは永井一正さんのデザインなのだろうけど、あのタッチの動物みると、個人的だが、近美にいく季節だか~と。一種夏の風物詩かもしれない。

ipt2009

福田繁雄さんの追悼展示(別フロア)と、あとたくさんの審査員の中でも松永真さんの「ヒロシマ・アピールズ」が印象に残った。
グランプリなどの受賞作はネットでも見られるけれども、やはりあの409点の迷路の中から探すワクワク感はたまらない。

個人的には、野田凪さんなど大好きなデザイナーが逝去されたので、今回は寂しい。
水色の雲のとても印象的な目玉の作品は、80歳の有名なデザイナーが応募してから逝去されたそうだ。80歳でもあんなにセンスよくいられるってすごいな~と別の感心もしてしまいます。



触る鑑賞の案内 ギャラリーTOM、 触展 

しばし体調不良で、仕事もブログはおやすみしていました。
復帰して元のペースに戻りそうなそんな折に、同じ日に触覚に重点をおいた視覚にハンディをもつ人も鑑賞できる展覧会の案内が2つきました。

1つめ
ギャラリーTOM(東京・渋谷)で開催の「全国盲学校生徒作品展」と、「触察(しょくさつ)の本展」の案内。

ルーブルの美術教育主任の講演会も子どもの城や横須賀美術館、世田谷美術館で開催とのこと。
この講演会は触るという体験が、いかに芸術的体験に昇華されるのかを実践例を踏まえて話してくれるよう…。講師もルーブルから来るし…。

しかし、全部東京や神奈川が会場だなんてもったいない。関西も入れて欲しいな~。それなら少しはいけるチャンスがあるのに…。

2つ目は地元富山での触るイベント
《アーティスト プラス ワン 触展Ⅷ」(しょくてん8)-触覚・視覚・聴覚 そして、体感》

このとーくるの発起人のひとりでもある尾崎さんが事務局になって例年やっている、作家たちが触ることを主体として作品発表する展覧会。息の長い展覧会シリーズに成長していると思います。
招待作家は新保 裕さん。ごめんなさい、どんな彫刻つくられる方はしりません…。
この展覧会は富山大学の旧教育学部の美術専攻の卒業生たち(みなさん、40代~20代?)が出品されるグループ展です。木彫が多いのが特徴かもしれません。

毎回試行錯誤されてますが、どんどん視覚にハンディのある人への配慮の加減を見極めてきているように思います。
ただ、日彫展も触れるような工夫を作家さんたちがされていますが、1つのジャンルで、視覚に障害がある人だけが楽しめるものだとつまらない。また、ある作品傾向が固まったものをみるのは、楽しいようで、どうなんだろう…。
触って鑑賞するのは、大変時間も心もつかうことなので、たまーに作家のエゴにつきあいたくない…と思うことも…。
といいつつ、毎回作品を撫で回してきていますので、楽しませてもらっています。


それに今回は、ゲストに半田こずえさんを迎えるらしい!!!
触察のプロともいえる彼女の反応が気になります。展覧会がすごーく楽しみ。

しかし、半田さんにはお世話になっているので、会いたいものだけど、うーん、仕事はこれ以上休めないので、無理か…。ちょっとでも興味のある方は、富山市民プラザに行ってください。

8月6日から9日の4日間だけです。入場無料です。
ぜひ足を運んでください~

8月30日にはワークショップ「手で見る形 凹凸石膏レリーフ」を開催されるそうです!


そういえば、この前、急に九州の美術館の人から、視覚障害をもつ人の美術鑑賞会の開催の相談を受けました。(福岡にコンパさんがいるのに…)視覚にハンディがあっても携帯やパソコンつかって情報のやり取りしている、というと驚かれました。まだそれが多くなのかもしれません。

まずは安全で安心できる場だということを理解してもらうのが何よりも大事だと思う、出かけたい気持ちになってもらうのが第一のステップだと思う昨今です。