FC2ブログ

4月1日ですね 

今日は、4月1日。新年度開始の日。

しかし、私はダウンしました。熱と各種の痛み、仕事の内容がその原因なのですが、働く意義・意欲は全く失われ、それと呼応するかのように、31日夕方から私の体は異変を興しました。解熱剤でなんとかメール。打たなくてもいいのだろうけど…。ネットに逃避。でもツイッターする気分にはなれない。

東関東大震災によって、多くの被害、あるいは人命をおとされた方々、いまも被災地、それ以外でも苦難にたっている方、それでも「希望」をもとうとしている方々、言葉では言い表せません。心からの敬意も払っています。

生きる尊厳と力をみせていただき、かえってパワーをもらっていると理解しているのに、すっかり私はPTSDになってしまったようでもある。

自分自身といえば、15年間なんとか待った希望は微塵に壊され、否定され、そろろろ職場を去る日も近いのかと思うほどです。(去って欲しいと思われている「被害妄想的」な、しかし確実な実感があり、ストレートすぎる言葉ができます。)

地震直前に書いた簡単よみやすいテキストが某雑誌がリニューアルしたサイトの小さなページに載る予定。
文化財レスキューを先に出したほうが良いのだろうが…。おそらく編集の時間切れ。
地震の報道の最中、余震や計画停電の中で東京から最終校正がきました。
書き直しもできましたが、3月あたまの、世間がうららかな日に書いたままで責校。
どうなるのか、反応も含め、他者に任せます。


初日にみた東近美での「岡本太郎展」では総花的で激しくがっかりし。NHKは人をバカにしてるのか??って感じ。あんな無理やりのスポットでテカテカ展示された作品は、いつも2階の常設であるときとは別様で、マスコミに踊らされてるのは嫌だな…彼の文章に帰りたいと思いました。

恵比寿の写美のピクトリアリズムの方がよほどすきだった。写真という技術と美と格闘した人の姿が垣間見れたから。

でも今友人・知人たちには、よほどのことがない限り、東京にいまいくのは止められている。
土地勘もうすれた場所で、無防備に安ホテルくらしは危ないのだろう…。心配してくれる人たちの不安解消のためにも今回は我慢かな、と。

作品をみることは呼吸することのように私には欠かせないのだけど…
いくつ観たい展覧会を見過ごしただろうか…。また4月にでもみれるという感覚で、前回見なかったものが後悔される。

逃避できた京都。京近美の「クレー展」は変人的?といっては悪いが、彼の執着心がよく出ていたが、展示は見にくいの一言。やはり常設の節操のなさというか自由さが、ここのよさだと思う。


隣の京市美の「親鸞展」では、人として苦しみと共存していきていくことに思いをはせました。
三國連太郎の声(音声ガイド)にやられただけでは決してないです。


私は強力な経典主義などは苦手です。宗教に対してはいつまでもフラットにいたいと強く思いました。
人が心をこめ念じ、信仰しているものに優劣があるのはヘンだし、まして否定するのはおかしいです。
(時間的に法然とダブルで拝見できなかったのは残念)

(そう確信したのは、富山に戻ったら会社に中学生の同級生を名乗る人から職場に電話がかかってきて、宗教の勧誘だろうと思いつつあえて、会ってみたから。不毛でした。3時間かけても私に信心の気持ちすら起こせない宗教人って何?軟弱というか「宗教」に逃げすぎ。仏教の教義の読み込みが浅く、また他の立場や歴史上の背景についてしらなすぎて、信じて幸せっていえる、無謀さに憤りと諦めをかんじました。
末法の世を救うのがその宗教のみなら、即東北にいってボランティアしてこい!人の声に耳を傾けてこい!と思いました。
彼らの中では私のような人現は地獄に落ちるらしい。でもジャータカでも読んでるほうがいいし、自力を散々尽くして最後の他力に任せるのが私の性にあっているのです。今生で解脱などしなくてもいいし、輪廻で苦しむのも仕方なし。苦しみがない世の中など生きてて楽しいわけがない。苦しすぎるのは勿論しんどいけれども、誰でも同じように苦しみをもち、分かちあえる。)


京都造形芸術大学に飾ってあったヤノベさんのジャイアントとらやん。
正直苦手な作品だけど、「いまこそ働け!!!」って祈りもこめて募金してきました。
本当はトラやんは嫌いだよ。でもね、作家としてここまでこれテーマにしてきたんだから、頑張って欲しいし、その意欲は作品横の寡黙なテキストから感じた。



ただ、自分の中でよくない連鎖がつづいている。

「日常」を懸命にいきることにも、さすがに疲れてきました。気負いすぎですね。
自己中心的でなく、他者をみとおしたパワーのある作品にはなかなか出会えません。

酸素のなくなった鉢で瀕死の状態の、醜く太った瀕死の金魚…それがいまの私の姿でしょう。

とにかく、ラストの「なにものかへのレクイエム 森村泰昌展」(兵庫県立美術館)には、あえて、「笑い」の要素をもらいに行く予定です。なにか掴み取るつもりで。

スポンサーサイト



JR全面運休の日 

雪のえき

平成23年1月31日(月曜)の富山駅の様子です。
この日は、富山の市電(路面電車)も脱線という珍しいこともあり、バスは超満員で、乗車拒否も多数。
たどりついた富山駅では、この状態でした。

なんだかんだいって半日で動くかな?と思って8時からまってましたが、10時頃に「午後6時までは一切動きません」との内容のアナウンス…
駅員さんが本当にずっと立って、説明と謝罪を繰り返してました。
(私がみてるだけでも6時間、でも結局夜までだったはず)

手書きの運休のお知らせ。時刻掲示板が紙で隠され、今までみたことない異様な雰囲気。


ほとんどめまい、状態。
丁度、富山駅は改装中で構内や周辺も、これまでとかってが違う。

なんとかかなり後発の高速バスに乗れましたが(でも満員)、富山でも、北陸でも初の体験の日でした。

福井はもっと大変なんだろうな~。翌日、出張先であった福井の人はみんな車で小松空港にいき、その日2回しか飛ばなかった飛行機でなんとか着たそうだ。
福井、新潟の人とあったが、みなさん自宅の前にどれだけ雪がつもったかの写真をみせてくれた。
私も運休の写真をみせた。大雪で苦しむものだけのシンパシーか…

富山も飛行機は飛んだらしいですが、貧乏人には、空港までいくという体力も知恵も資金もありませんでした。
日本の鉄道は優秀なんだな~と思うと同時に、今年の雪はやっぱり異常だな…と体感した日でした。

高速バスに変更したせいで、出張費は返金。日ごろの行いにしては、ひどすぎる…
展覧会みる体力、時間なし…

結局この日は北陸のJRは一切動かなかったそうだ。

パスワード忘れ… 

ご無沙汰しております。
とーくる(K)です。
メンバー一同多忙を極めておりますが、それぞれに生きておりますので、ご安心ください。

殆どスパムだったのですが、ヤフーメールやこのブログのパスワードを忘れてしまっていました。
久しぶりにトライして、成功!!!!

東京都写真美術館での森村泰昌氏の展覧会の出品作の3分の1はみたことあるものだったけど、最高でした!!
大画面での「静聴せよ!」はゾクゾクしました。
丁度、安斎さんと握手してらっしゃるところに遭遇!そのコメントに思わず笑ってしまいした。
でもものすごく貴重な体験。6月26日からの豊田市美術館にもいきたいものだ…
しかも講演会は、上野千鶴子氏らしいし。

最近(K)は当日券で、美輪明宏さんの「近代能楽集」を見てきました!
三島作品の中で一番好きなものだし、美輪さんご自身の演出等なので、公演日に気付いた前日深夜、ラッキーでした。

特に「卒塔婆小町」のワルツの部分は、圧巻。肩の動きがこれほど優雅で人の心を揺さぶるものかと驚きと歓喜。久しぶりに美輪パワーを浴びまくってきました。

昨日は、富山市の山間地の城端で「民藝大会」に言って来ました。10年ぶりの城端。前回も「民藝夏季大学」に参加するために城端別院で泊まり『美の法門』づくしでした。
今回は、柳宗悦氏50回忌の法要もあったのですが、お目当ては中沢新一氏のレクチャー。
私には「民藝を初期化する」というのは、とても刺激的でたのしい話だったし、パネルディスカッションのときも彼がよかった。(でも昔のスゴさはなく、話の上手い学者さんだな~と思ったのは、少々残念w)
城端駅は浮世離れしたような駅です。富山駅まで1時間半。列車は1時間半に1本です。
体力の限界を感じ、ディスカッションのラストは抜け出し、ダッシュして駅に行きました。道は舗装されているけど、本当に富山は「流しのタクシー」がいないなーーーと筋肉痛になっています。

雑多な日記風に久しぶりに書き連ねてみました。

エイブルアートジャパンの事務所も移動してステキになったというし、ひさしぶりに東京にいこうと思う次第です。
後、下に京都のビューさんの告知をつけておきます。参加したいな…
続きを読む

謹賀新年 

新年、あけましておめでとうございます。
今年も、とーくるをどうぞよろしくお願いします。

平成22年 元旦

2009年も終わり 

ずーーーっとブログは休止。すみません。
とーくるに関しては、来年何かちょっと…と思って、代表をはじめメンバーに電話。
久しぶりだけど、みんな不況で、過労ぎみですね…。
ゆるやかさ、が継続と実感。

さて、ブログをかいてなくても、(K)は、1週間でしたが、アメリカにホリデーシーズンに初めていき、NYでロスコをたくさんみて、フィラデルフィアでデュシャンの「遺作」と、回顧展をみてきました。

その他、東京のパフスブルグとか、天皇ご即位20年記念の東博での若冲30幅とか、新しくなった山種美術館で御舟満喫とか、MOTでのレベッカ・ホルンや、茨城の「眼をとじて」、院展の巨匠たちの作品、水戸芸の「ヨーゼフ・ボイス」とか、いろいろいっておりました。しらとりさんにマッサージしてもらいましたね、そういえば水戸でw
森村泰昌さんの作品のエキストラしてみたり…。なんだかんだしてましたね。

富山でも大竹さんに会えたし、カッコいい現代作家の作品や山川さんのパフォーマンスを知りました。
金沢も何度か…(でも客の悪さにへきへき…。どうして水のインスタレーションで、水かってにかき混ぜてんだよ!監視員さん、注意してください。←これが博物館系で最高に気分悪かったことかな~)

どこもおもしろかったのも、そうでないのも、玉石混交。
作家さんも新しくお気に入りになった人もいれば、ご逝去された方も色々。ご冥福をお祈りします。

さて、とりあえず生きております。とーくるのみんなも。
2010年はちょっと企画していますが、どうなるやら…。関係の方、よろしくお願いします。

それでもいいと、気おわずにいきたいと思っております。
皆さん、どうぞよい年末年始を!2010年のとーくるもどうぞご愛顧のほどを

ゴールデン・ウィーク 2009 

ゴールデン・ウィーク。世間は晴天!ですね。
混雑を心配しつつ、とある美術館で、アーティストのパフォーマンスをみてきました。

その程度…、って思ってしまった私は、現代美術やその場を共有するキャパや、自己と照らし合わせる能力、アーティストの身体性から何かを感じ取る能力が欠けてるのでしょうか…
まあ、あまりテイストが合わない作家さんだったのでしょう。当日の私の体調もありますし…
深く考えないことにします!!

さて、知人のデザイナーさんから、嬉しいメールを頂きましたflower

「第9回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2009」に入選したとの、郵便が届いたそうです☆
じゃ、夏は見に行かなければ~と思います。ここでもいい体験できたらいいのですが。

HPをみていて…。世界各国からの入選状況をみると、なんか時代を映してるな~と思いました。
詳細は富山県立近代美術館のHPの「IPT」のところをみてください。

今回の審査員は、永井一正、勝井三雄、松永真、佐藤晃一、服部一成さんと外国の人2人のようです。
審査員の予定だった、福田繁雄先生は、1月に急逝されたので、残念、作品みれないのか…と思っていたら、丁度その頃、常設展で「福田繁雄とポスター」も開催されるようです。「Victory」とか「モナリザ」のやつとかみたいな~と思います。

もしかしたら、今年の夏は、北陸が「熱い!」かもしれませんね。

しかし何よりも、「新型インフルエンザ」が沈静化してもらわないと、困りますね。


4月ですね~ 

いつの間にか4月も半ば近く。
富山の桜も満開を少しすぎそうな気配です。でも連日20度越えると暑いですね。

ブログの更新、前年度よりさらに、あまりしないようにしたいと思っています。

もしとーくるの活動があれば別ですけれども!
ここのブログでいやなことがいくつかあったので、たまーにチェックしていただいた方には申し訳ないです。

さてさて、桑田佳祐の「昭和83年度! ひとり紅白歌合戦」、30代以上の方には全ての曲が楽しめるのでは??お勧めのDVDです。

皆さん、よい春~GW~初夏へと!