スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パリで学んだ画家たち」@富山近美で岡本太郎 「明日の神話」を再度みる 

富山県立近代美術館で
「パリで学んだ画家たち フランスでみた光」をみてきた。

パリ展チラシ表

東日本大震災後初の「明日の神話」(油彩画ヴァージョン)である。壁画と違った、見え方がするので、油彩も案外好きで見てるほうだと思う。

正直、見てどんな気持ちになるのか、自分を試すようなところもあった…


さて、企画展全体の話。

企画展だが、コレクション展(収蔵品展)。だから全館500円で見れるのは大変うれしい。

企画展自体は、約100年の日本人の洋画家と版画家が、パリに行った人を生没順に展示。

へーーと思う人がパリにいってる。
美術史的な立場というより、大人向けのはずかしくなく気軽に楽しめる普及的展覧会だろう。
素朴な展覧会で疲れないw



見所?は、岡本太郎が2点。あと10年以上ぶりにまとめてみる金山康喜が6点?と大型も含めての前田常作が5点かな??
金山と前田だけがフランスに行った前、後の比較がきちんとできてる。
あとは、悲しいかな、どこからも借りてこなくて切り口勝負の展覧会だけあって、パリ期の作品がジャストにあるわけとはいえない。(少しはあるけど…)

作家の言葉がパネルになってたり、美術史的すぎないパネルが、読むのは面倒だか役立つかも…
中央で座って読むこともできるが…

2階の「常設Ⅰ」のピカソらからはじまる、「20世紀美術の流れ」と併せてみると、日本だけでなく、美術の流れがなんとなくつかめて、今があるのが分かる。
この人たちと交流があったのが、日本人なの?とか、玄人さんの愉しみかたもできるようだ~

100年前って案外、昔で不便で、でもその中で制作してた人っているんだと思った



今回の目的は、17日のアートレクチャーで、岡本太郎の「明日の神話」について。

主な内容

・太郎の評価が世代で違うこと
・太郎のバックボーンを簡単に(家族やパリで影響を受けた人たち)
・明日の神話の「原画」の違いと、富山にある原画(壁画の5分の1サイズ、でも横5メートル)の生昨年のサインの意味の推測
・第五福竜丸事件をテーマにした「燃える人」(東京国立近代美術館蔵)や、ベトナム戦争反対の際の文字「殺すな」の画像と太郎の文章
・昨年3月のチンポムの壁画「いたずらがき」騒動とされる、一連の事件のことと、今また無関心にされている壁画の様子など…


約60分のレクチャー。現在進行形の話、っていわれたのは、レクチャーって教えられるってイメージもあったから意外で、本当に気軽に聞けたw


ツイッター等で誤解が広まっているとして、岡本太郎作品がなぜ富山で購入されて収蔵されているかの理由を教えてもらえておもしろかった。
「その場でもっていけ」なんてありえない話だとおもっていたけど、やはりね~


某有名な相談役が「20世紀美術を扱う美術館に岡本太郎がないのはおかしい」と県庁と話をして、仲介をしてもらいまず「赤い兎」が購入決定に。
館の主旨を理解してくれていただろう太郎が、すでに壁画が行方不明になっていた「明日の神話」の油絵(原画)にも譲ることができるが…ということだったそうな。

私はその某有名な人よりも、岡本太郎と勉強会等で交流があった瀧口修造の存在も感じるのだけれども明言されなかった。
瀧口修造は美術館に関する役職、その他の役職も全て辞している人だから、オモテだって何かいう、いったことを残すとは思えないので、やはり推測だが…。太郎の評論立ち読みしてたらおもしろかったw


個人的には「赤い兎」が好きかも!
ポスターもチラシも「赤い兎」だし、永井さんのかっこいい!


続きを読む
スポンサーサイト

マスコットキャラの愛称! 

キャラweb

富山県立近代美術館のキャラクターが、開館30周年を記念して登場!

先日、「日本画の巨匠三山展」を見に、富山県立近代美術館にいったときに、入口で募集案内をみました。
この子の愛称(ニックネーム)を、9月30日まで募集中とのこと。

詳細は富山県立近代美術館のHPへ↓
http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/3042.htm


単にゾウにもみえるけれども、耳は手だったり羽根みたいだったり…
ピンクのゾウでもなく、ミドリのゾウ… なかなかのつわもの(^^
富山県のシンボルマークのデザインもたしか、このデザインをした永井一正さん。
緑色なのは、富山のためなのでしょうか~

美術館で長く使われる、かわいい名前考えたいと思います!
続きを読む

富山でみる 「東山魁夷 杉山寧 高山辰雄 日本画の巨匠三山展」 

ブログは久しぶりの更新。

東京国立博物館の「空海と密教美術」展に1時間前から並んでゆっくりみたり、図録を数年前にみてから気になっていた練馬区立美術館の「磯江毅展」みたり、東京国立近代美術館で「イケムラレイコ」、東京都写真美術館で「クーデルカ」や「江成常夫展」みたり、休暇とお財布と相談しながら、いろいろめぐっておりました。
ツイッターでのつぶやき、あるいはつぶやきすら面倒になる時間を過ごしておりました(汗
加えて、ツイッターがナゼか調子悪くて、今はつぶやいてませんw

正直なところ、岩手での森村泰昌さんの≪「人間風景」-萬鐵五郎、松本竣介、舟越保武とともに-」展≫が、急遽中止になったことに、かなりショックをうけていたのが大きくもあり…。今は、そんなヤワな人でないと確信しているので、復活してますが!


芸術とは、過酷なものだと、挑むものだと思っていたところ、先人に学ぶ機会がありました。

9月でいい天気だったので、富山県立近代美術館にいってきたのです。
目当ては「日本画の巨匠三山 東山魁夷 杉山寧 高山辰雄」展。

日展三山(にってんさんざん)とは、戦後の日展で活躍した東山氏、杉山氏、高山氏の3名を指し、敬意と親しみを込めて呼ばれた愛称だとのこと。
院展の平山郁夫氏、創画会の加山又造氏を加えて(両名とも2階で展示中。他の人の場合もあり)で、「五山」(ござん)といったりするそうです。(全て故人)

この展覧会、キャッチーにいえば、昭和を代表する国民的画家、日本画家の競演です。

三山看板
駐車場からミラーガラスに貼られた看板!
青空や雲、車も映り込んでます。


三山チラシ表
展覧会チラシ表面(表デザイン:永井一正氏)


美術館は展覧会はじまって早々だと思うのに予想以上に混雑。
展示室内はゆったり観覧できますし、大きな作品(日展出品作)が多いようで、大作をゆったりで、いいです。
展示のリズムである素描なども結構見入りました。


≪会期≫
平成23年9月3日から10月16日
前期:9月3日~9月25日
後期:9月27日~10月16日

《開催時間》
午前9時半~午後5時
*10月に臨時に午後7時まで開館する日があるようです。
詳細は富山県立近代美術館のホームページを確認してください。

≪観覧料≫
一般1,000円、大学生700円、高校生以下無料


私にとっては、「日展」などの公募展は既に遠い存在…
日展は、上野の東京都美術館で皆さんの期待を毎年集めていたそうです。
今は六本木の国立新美術館に会場を移しましたが…。
富山では今年の春に日展が巡回できましたが、昭和3、40年代等の機運は正直、今の美術界とは違うのでしょうね。
勿論その後も活躍されておりますが!

来館者の層は、60代以上のご夫婦が多い感じでしょうか~。
車椅子度が高い!これは、とーくる的には良い事です。
高度成長期、経済優先前の日本の歩みを知っている、その中で作品とであって感銘を受けてきた人たちが、懐かしくみている、といった印象を受けました。
戦後からの復興。西欧文化の怒涛の流入の中、伝統的なものを受け継ぎ・変換し、新たな画業をなした人たち。
その作品からいろんなものを受け取り、同時代を生きた人が鑑賞されているのでしょう。。。

≪展示内容≫*敬称等省略

○東山魁夷(ひがしやま かいい) 
 前期・後期連続 10点
 前期、後期で各8点の展示替えあり(常時18点展示)
 *チラシ表の東山作品は前期だけ!!

○杉山 寧(すぎやま やすし)
 前期・後期28点(展示替えなし)

○高山辰雄(たかやま たつお)
 34点展示(後期のみさらに1点追加展示)

前期後期合わせて88点の展示。(本画がほとんどで、スケッチ類も見ごたえあり)
*展示作品リストは、美術館HPでpdfでチェックできます。

いい作品は時代遅れにならない、って実感です!

展覧会図録(¥1,800)は、本画の作品解説ありで、買い!だと思いました。
ショップでも、高額な複製画も売っていますが、書籍やハガキもあり、お買いものも楽しいです。
チケットは展示室入口横で入場無料なので、買い物だけにでも再度!もありかな~

おなじみの企画コーヒーや秋の風合いたっぷりなスイーツだけでなく、ショップでは3作家に影響を受けたハンドメイド作家さん作家も期間限定であり、にぎやかです☆

続きを読む

現代中国の美術 @富山県立近代美術館 

永井一正先生のかっこいいポスターに惹かれて、富山近美へいってきました♪

ハロー北京
↑「錦瑟華年シリーズ9 ハロー北京」の作品を使ってデザインされた展覧会チラシ。
街中にはってあってきになってました。
ちなみに、華年とは青春時代という意味だそうです。外人ばっかりいる中国の風景ですねw


 中国第11回全国美術展受賞優秀作品による 現代中国の美術」展

 会場:富山県立近代美術館
    富山市西中野町1-16-12(城南公園内)
    TEL 076-421-7111
 
 会期:4月12日~6月12日
 時間:9時30分~17時
 *ゴールデンウィークの4月29日~5月8日(日)は無休。
 *月曜日と6月2、3日は休館。
 
 料金:一般700円、大学生550円、高校生以下は無料。
 *ちなみに、今回の東日本大震災の被災者の方は、富山県の文化施設は5月末頃まで無料で観覧できるようです。



入口、エントランスの彫刻で、まずびっくり!作家とその祖父母、一族そろっての家族写真が立体になっています。顔が似ているのがまた面白い。

企画展示室は、平面がほとんどで、中国画(東洋画の伝統的な雰囲気)、油彩画、水彩画、版画、漆画の平面作品に、立体作品、短編アニメーションを加えた、84点で構成のようです。
会場では、「若者たち」「歴史の記録」など6つのテーマでコーナー分けされていました。

応募約5万点の中から受賞した約500点。その中から選りすぐりの84点。
さすがに圧巻です


中国政府主催の展覧会の為、反政府的なもの、今欧米のオークションで高値をつけているような中国現代美術はありません!!軍服のものもあったりしてやはり「共産主義国家」とドキっとします。
成功者の姿もあれば、「蟻族」とも呼ばれる人々、都会への出稼ぎ者の姿も、以前の中国では描いてはいけないテーマだったのかな?…など。

国際的に活躍している、火薬をつかった作風で有名な、蔡國強(ツァイ・グオチャン)が、北京オリンピックの開会式の演出したり、随分と中国の文化面もかわってきているようですね。
まだ国内逃亡しているしたり、亡命しているアーティストもたくさんいるわけで。艾未未(アイ・ウェイウェイ)は欧米各国で活躍してけど、今は中国政府に拘束されているし…。

中国はお隣の国だけれども、両者ともに、複雑な歴史といまも割り切れない感情を持っているのだと思います。
だからこそ、言葉や理屈なしで伝わるアートの力で「知る」というのは、面白いように思いました。


かつて(今も?)の中国ような、経済成長の喜びだけを描くような作品は少なく、それに伴って、家族の距離が遠くなったりするという、日本にもちょっと前に問題になったようなテーマも扱われています。
社会格差も描ける範囲で、本当はもっと都会と地方の差がすごいのだろうと安易に想像できます。
少数民族の暮らし(民族衣装がかわいい!)や、広大な風景、美しい花鳥画を描いたものもあり、多種多彩。

とにかく会場は、2m級の大型作品、しかもどれもが細密な描写が多いです。風景も今はなき懐かしき風景や伝統のようです…。
作者のコメント付きなので、時間もかかりますが、作品をみるだけでも小旅行な感じ。
展覧会名が地味なわりに、楽しめる展示でした。横7mを越える具象作品も、いまどき日本じゃ見ないですね…。

特に気になったのは「漆画」。メリハリの利いた色彩だな~と遠くからみていたら、なんと漆。
しかも近くで見ると細かな細工が施されていたりします。老夫婦のどアップは必見です。

中国版の「日展」という感じなのでしょうか…。規模も国民数に合わせて巨大ですが…。
2009年までの過去5年間に描かれた作品。四川大地震の作品も数点ありました。


短編アニメーションは面白いですが、休憩コーナーでの視聴。と思っていたら、フリースペースのホールでの無料上映もGW等にされるそうです!字幕なしなので小さな子どもも楽しめそうな感じ♪
中国のレトロっぽいところとCG全開の差が結構面白い。

私が20年前ちかくにいった中国とは、もう別の国なのかな~と感じました。
伝統と近代化のはざまで、変わりゆく中国の姿が作品を通しても感じ取ることができます。
中国のことステレオタイプに捉えていたと気付きました。
ただ、官展なので、本当の自由な表現がないのだろうとも推測できます。

しかし案外おススメです


 


(美術館公式 you tubeに、観光案内的美術館概要!/ 日本語のみ、英語と中国語のテロップ版もあり)
続きを読む

森村泰昌 レクイエムシリーズに支えられたここ数年 

森村泰昌「なにものかへのレクイエム 戦場の頂上の芸術」が、4つの巡回館でそれぞれで面白さを発揮し、会期終了となった。

兵庫のラスト

(最終日前日の美術館の様子)


最終会場の兵庫は、結局3回(4日)通った。

07年のミシマの「烈火の季節」の静聴せよ!の怒号の衝撃から、3年強。
ほぼ、おっかけがライフワークでもあった。

森村作品は、観る人に最終的解釈が委ねられている。
多くの美術作品(特に現代)はそうだけど、めちゃくちゃ分かりやすいメッセージをあえてぶつけて、正面から鑑賞者を対等な立場で扱うのは、尊敬でき、作品が色あせない理由だと思う。


どっかの宮殿でもめた人との違いだと思うし、よわっちいポエムみたいな文章で余韻で考えろ的な提示とも違う。

この人は、ある意味、バカ正直者なのだと思う。そしてとても真剣。

京都造形大でのVTSの成果を独りでやってみた。勝手に作品にひとり、のりつっこみ。
結局、4時間半はかかった。でもまた、新たな発見がたくさんあって、とても楽しかった。

人があえて言えないことを、作品にして言ってるところも彼らしい。

東日本の大きな震災があって、作品をみる人の層もまなざしも多少変っていたと思う。
美術作品が時代によって評価を変える瞬間に立ち会えたのかも??とも思った。

1年前のカタログの続編が欲しいほど、各会場で変容した。
いや、変容をみこして作品づくりしているはずだけど、思いの外天災というアクシデントがあった。
悲劇かもしれないが、更に多くの人が作品に何かを求めて会場に足を運び、じっくりとみていたと思う。

海の幸は、何度観ても、理解や注目点が変って、あのピアノのCDないのかな?とか思ってしまう。

しかし、本当によいシリーズ展だった!!

展覧会としては自分の過去の作品(作品といえるのかのレベルも含めて)展示する「まねぶ美術史」が、今週末の4月16日からふくやま美術館、その他全国で巡回する。

私は既に高松でもみたけれども、面白かった。

人が有名にも無名になるにも、時代の流れや偶然も大きかったりする。
でも作品をつくるのが好き、な人を止めることはできないのだ。
そして、作品と対話、作品を通して作家やその他と対話を楽しむことは、私は止められないのだ。


どの作品も一応に愛しくなり、親戚のオバサン??幼稚園の先生の気分?になって帰路。
なので、森村パワーで、かなりの元気ですので、ご安心を!!



(不法な録画を発見!ダメです。こんなのは!!覚えるまで見ないと!!)

続きを読む

4月1日ですね 

今日は、4月1日。新年度開始の日。

しかし、私はダウンしました。熱と各種の痛み、仕事の内容がその原因なのですが、働く意義・意欲は全く失われ、それと呼応するかのように、31日夕方から私の体は異変を興しました。解熱剤でなんとかメール。打たなくてもいいのだろうけど…。ネットに逃避。でもツイッターする気分にはなれない。

東関東大震災によって、多くの被害、あるいは人命をおとされた方々、いまも被災地、それ以外でも苦難にたっている方、それでも「希望」をもとうとしている方々、言葉では言い表せません。心からの敬意も払っています。

生きる尊厳と力をみせていただき、かえってパワーをもらっていると理解しているのに、すっかり私はPTSDになってしまったようでもある。

自分自身といえば、15年間なんとか待った希望は微塵に壊され、否定され、そろろろ職場を去る日も近いのかと思うほどです。(去って欲しいと思われている「被害妄想的」な、しかし確実な実感があり、ストレートすぎる言葉ができます。)

地震直前に書いた簡単よみやすいテキストが某雑誌がリニューアルしたサイトの小さなページに載る予定。
文化財レスキューを先に出したほうが良いのだろうが…。おそらく編集の時間切れ。
地震の報道の最中、余震や計画停電の中で東京から最終校正がきました。
書き直しもできましたが、3月あたまの、世間がうららかな日に書いたままで責校。
どうなるのか、反応も含め、他者に任せます。


初日にみた東近美での「岡本太郎展」では総花的で激しくがっかりし。NHKは人をバカにしてるのか??って感じ。あんな無理やりのスポットでテカテカ展示された作品は、いつも2階の常設であるときとは別様で、マスコミに踊らされてるのは嫌だな…彼の文章に帰りたいと思いました。

恵比寿の写美のピクトリアリズムの方がよほどすきだった。写真という技術と美と格闘した人の姿が垣間見れたから。

でも今友人・知人たちには、よほどのことがない限り、東京にいまいくのは止められている。
土地勘もうすれた場所で、無防備に安ホテルくらしは危ないのだろう…。心配してくれる人たちの不安解消のためにも今回は我慢かな、と。

作品をみることは呼吸することのように私には欠かせないのだけど…
いくつ観たい展覧会を見過ごしただろうか…。また4月にでもみれるという感覚で、前回見なかったものが後悔される。

逃避できた京都。京近美の「クレー展」は変人的?といっては悪いが、彼の執着心がよく出ていたが、展示は見にくいの一言。やはり常設の節操のなさというか自由さが、ここのよさだと思う。


隣の京市美の「親鸞展」では、人として苦しみと共存していきていくことに思いをはせました。
三國連太郎の声(音声ガイド)にやられただけでは決してないです。


私は強力な経典主義などは苦手です。宗教に対してはいつまでもフラットにいたいと強く思いました。
人が心をこめ念じ、信仰しているものに優劣があるのはヘンだし、まして否定するのはおかしいです。
(時間的に法然とダブルで拝見できなかったのは残念)

(そう確信したのは、富山に戻ったら会社に中学生の同級生を名乗る人から職場に電話がかかってきて、宗教の勧誘だろうと思いつつあえて、会ってみたから。不毛でした。3時間かけても私に信心の気持ちすら起こせない宗教人って何?軟弱というか「宗教」に逃げすぎ。仏教の教義の読み込みが浅く、また他の立場や歴史上の背景についてしらなすぎて、信じて幸せっていえる、無謀さに憤りと諦めをかんじました。
末法の世を救うのがその宗教のみなら、即東北にいってボランティアしてこい!人の声に耳を傾けてこい!と思いました。
彼らの中では私のような人現は地獄に落ちるらしい。でもジャータカでも読んでるほうがいいし、自力を散々尽くして最後の他力に任せるのが私の性にあっているのです。今生で解脱などしなくてもいいし、輪廻で苦しむのも仕方なし。苦しみがない世の中など生きてて楽しいわけがない。苦しすぎるのは勿論しんどいけれども、誰でも同じように苦しみをもち、分かちあえる。)


京都造形芸術大学に飾ってあったヤノベさんのジャイアントとらやん。
正直苦手な作品だけど、「いまこそ働け!!!」って祈りもこめて募金してきました。
本当はトラやんは嫌いだよ。でもね、作家としてここまでこれテーマにしてきたんだから、頑張って欲しいし、その意欲は作品横の寡黙なテキストから感じた。



ただ、自分の中でよくない連鎖がつづいている。

「日常」を懸命にいきることにも、さすがに疲れてきました。気負いすぎですね。
自己中心的でなく、他者をみとおしたパワーのある作品にはなかなか出会えません。

酸素のなくなった鉢で瀕死の状態の、醜く太った瀕死の金魚…それがいまの私の姿でしょう。

とにかく、ラストの「なにものかへのレクイエム 森村泰昌展」(兵庫県立美術館)には、あえて、「笑い」の要素をもらいに行く予定です。なにか掴み取るつもりで。

スプツニ子!「Tweet Me Love, Sputniko!」 

ブログもそこそこに、最近ツイッターを、いつもどおりシステムもよく理解しないまま始めてます。

スプツニ子 バレンタイン
ツイッター上で、都現美でノックアウトされたスプツニ子!さんをフォロー。

あれよあれよ、という間にツイッターでスタッフを集めて、展覧会をつくってもらう、会場管理もしてもらう!という企画と立てて、実施。その展覧会が今日20日(日曜)が最終日である。

Tweet Me Love,SUPTNIKO!展

場所:EYE OF GYRE GYRE (ジャイル) 3F 
   渋谷区神宮前5-10-1
開催期間 2月10日(日)~2月20日(日)
開場時間 11時~20時
会場のHP  http://gyre-omotesando.com/



つくられていく様子をみてたら、なんかまるで母親みたいな気分になってしまった。
この子たち大丈夫かしらと、ハラハラ…。

実際に会場にいったら、ツイッターで集まった女の子たちが受付とか頑張ってた。
不思議な親近感でお話もした。スタッフの子が作ったというバレンタインのチョコクッキーも食べた。
ガールズパワー全開!ってだけでなく、みんな考えめぐらせててカワイイ。真剣さと若さに、得られないものを得た気がした。

情報発信について、作品発表について、個々のつながり方について、さらには「作品とは?」について、スプツニ子!さんに考えさせられるこの2週間ほどだ。

明確にpopに、でも真剣にこのプロジェクトを行った人たちに感謝。
(無料だからそう思うのかな??写真も自由だし、ちいさなスペースだし…)

面白い動きを打ち立ててくれたと思う。アナログの私にも、それだけは分かる。

ツイッターでこの展覧会みた人が紹介してた、すぐ傍のお店で美味しいガレットも食べた。
会場を出て、不思議な感覚のまま「グーグルの歌」が頭の中めぐるので口ずさみながら帰宅した。


「グーグルのうた」スプツニ子!



直前にみた横浜美術館、高嶺格「とおくてよくみえない」で、以前からお気に入りの「ゴッド ブレス アメリカ」もふっとんだ。でも高嶺さんの展覧会も貸切状態で満喫。ラストも好きだよ。

自宅に帰ると「生理マシーン タカシの場合」がめぐるんだけどね。こちらの方が趣味。

東京近くに住んでるといいな~と思ったけど、富山という田舎で距離があっても情報ってすごいと思う。ソーシャルメディアって言われてもピンとこないが、今回十分に恩恵を受けた。

でもやはり今の段階では何事も最後は「生」にいたる道なのかもしれない。

少なくとも今を生きている作家において、美術館なんてハコモノも、展覧会という格式も、一体どうなんだろう??って思う。

高嶺さんといい、スプ子さんといい、技術やネットに依存してない、さらっと使いこなし、究極は人間力で目的を達成する姿はすがすがしい!

彼女の今日のつぶやき「ギブミー・インプット♡」

最終日の今日は、たくさんの人がスプ子さんの呼びかけで、スタッフ希望者さんたちがスプ子さんらしきものをもって会場にわんさと集まるのです!
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。